TOP > スポンサー広告 > 「テレビマンガ主題歌風ソングライブ2009」13th LIVE at LIVE GATE TOKYOTOP > LIVE情報 > 「テレビマンガ主題歌風ソングライブ2009」13th LIVE at LIVE GATE TOKYO

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「テレビマンガ主題歌風ソングライブ2009」13th LIVE at LIVE GATE TOKYO 2009.03.21

colection.jpg アルバム「テレビマンガ主題歌風オリジナルソングコレクション」が発売されたのが、2008年10月13日。実に半年以上前のことになります。
今回のライブはそのアルバムがある程度皆様の手に渡った時期を見越して開催されました。…すみません。本当は当時、レコ発イベントすら考えていなかったのでこの時期になってしまいました。(その代わり、12月にはV.Sの大高、笠原、木下が主催したライブが開かれましたが。)

 会場はいつもお世話になっております「ライブゲート東京@恵比寿」様。お客様には入場までかなりお待たせしてしまって申し訳ありませんでした。だいぶお疲れでしたよね…。にも関わらず、一曲目の「JAIL BREAKERS」(同タイトルSRCシナリオ、テーマソング)から元気に腕を振り上げてくれてありがとう!!

 正直言ってワンマンは不安だったんです。ゲストさんがいらっしゃるとはいえ…、これほど偏ったコンセプトのライブにどれだけのお客様が来て下さるのか。それぞれのゲストさんのファンの方もいらっしゃったと思いますが、こんなにも大勢のお客様に遊びに来ていただけて、本当に嬉しかったです。

 二曲目はおなじみ「超機動ロボ グライバーV」の前期OP「灼鋼のプライド」のリアレンジバージョン。今回は伝承歌劇団~エウロパの軌跡~のDahnaさんと歌わせていただきました。少しだけテンポダウンしたアレンジは若干大人っぽい雰囲気だったかしら。
 続けて同じく後期OP「撃鉄のアライブ」を、Dahnaさんと入れ代わりで登場のカイザードTRさんと共にSING! 彼は以前「χzer Devil」というアニソンコピーバンドをやってらっしゃいまして、大阪に引っ越した今でも著名なアーティストさんをゲストに迎えたライブを企画したりしてらっしゃいます。4月には関東に戻ってくるとか。

 三曲目で女性ゲスト、松本さち王子の登場!!
 アルバムで歌っていただいた「勇者護符カーディアン」の主題歌「虹の轍」を、今回はV.Sの星奈美紀とのデュエットで歌ってくださいました。なんてワクワクする歌声だ!!

 ここから一旦カバー曲コーナーへと移り、もう一人の女性ゲスト池澤春菜さんによる「ブルーウォーター」(「ふしぎの海のナディア」の主題歌ね。)。
 ご本人は「うまくいかなかった…」と凹んでいらっしゃいましたが、モニターで聞いている限り池澤さんらしい歌い方だったし、凹むことないんじゃないかなと思ます。

 カバー二曲目、と見せかけて実はここだけオリジナルシンガーの登場です。
「黄金戦士ゴールドライタン」のEDテーマ「メカニカル・ダンシング・ファイト」を、TOMOさんが歌ってくれました。本人は「俺なんか出て行っても、みんな『誰?』みたいになるんじゃないの?」と心配しておりましたが、さすがこのライブに集まってくれたお客様は一味違う。来年還暦を迎える彼をあそこまで動かしてくれたのは皆様の声援のおかげです。
 出番終了後は満足げに帰って行きました。出演してくれてありがとう。父よ。と、ちょっとしたサプライズがあった次は松本さちさんの「嵐の中で輝いて」。「機動戦士ガンダム第08MS小隊」の主題歌です。
心に響く歌詞を、さち王子がバシッっと歌ってくださいました。

 続いてはV.S女子陣による「オーバーマスター」
V.S星奈の提案で「アイドルマスター」の961プロの曲をアイドルとはちょっと違ったイメージで歌ってくれました。そもそもV.Sの女子がアイドルとは…。
 V.S男子陣は「魔弾戦記リュウケンドー」。今回唯一の特撮ソングを、二人で元気に歌いました。
 カバー曲ラストは「嘆きのロザリオ」
 アルバムのジャケットイラストが大張さんだったことと、池澤さんがゲストだったことから選曲。やっぱりJAMは難しい…。
 カバーコーナーを終え、軽くトークとなるわけですが、ここでサプライズ!!! TOMOこと、わたくし泰勇気の父・泰英二郎の誕生日が近かったのでケーキを用意してみました。音楽生活40周年ということで、ケーキのプレートには「40周年」と。何気に母も会場に来ていたそうです。お恥ずかしい…。

 ここまで結局バラードのような「休憩できる曲」なしに来たということもあり、ここで休憩を兼ねたスタンバイタイム。

 次のコーナーはV.S初の朗読劇「魔女っ子刑事チャーミィチャカちゃん」です。
 ある意味メインディッシュだったのではないかと思うほどの反応でした。僕が書いた拙い台本を、春菜姫をはじめみなさんがあんなに面白くしてくれて…。ありがとうございました。ワッパちゃんは、この次こそ一緒にやれたらいいね。
 朗読劇のあとにもサプライズ!!! 今度はさち王子の、早めのお祝いです。
 そうそう。数年前はさち王子を祝う歌が作られ、僕もこっそりそのプロジェクトに参加したりしてました。

 朗読劇で「チャカちゃん」をやったなら、次は主題歌を歌ってもらうしかないでしょう。
 チャカちゃんが衣装チェンジをしている間、お客様と一緒にコールの練習。ああ…、昔417さんを追いかけていた頃を思い出したぜ…。それにしても「チャカちゃんのうた」の破壊力たるや物凄いものがありました。一瞬にして「燃えライブ」が「萌えライブ」に…。

 しかし、ここで再び「燃えライブ」に引きずり戻すため「闘え!! バクサイオー」を投入。
Dahnaさんと、木下、泰の三人がメインになってお届けしました。しかも歌う前にはDahnaさんのバースデーを祝うサプライズ!! ほんと今回サプライズしすぎ。

 いつの間にやらライブも終盤に近づき、ノリの良い曲が連続します。
「白銀の勇者バルキリス」でようやく燃えライブに戻し、ここで新曲「っしゃあ!!~勇者のDNA」を披露。
 多分みなさん「っしゃあ!!」のところが「シャア(赤い彗星の)!!」に聞こえていたと思いますが、あれは気合の「っしゃあ!!」なので、次の時にはそんな心持で一緒に叫んでください。これはみんなで一緒に歌ってなんぼの歌ですんで。

 さらにさらに「咆えろ! ガイレオン」を V.S+Dahna+カイザードTRの7人で歌い極限まで燃え、ここでV.Sの楽曲を作ってくれているチダユージさんをご紹介。当日は北海道から来てくださいました。彼との出会い等には話すと長くなるエピソードがあるのですが、それはまたいつか。
 とにかくユニークな方です。今後も楽曲作り、よろしくお願いします。
 そんなチダさんを交えて歌ったのは、アルバム曲の中では唯一実在するコミックス、神崎将臣先生の「重機甲兵XENON」のイメージソング「VERSUS-セイギノミカタ-」。歌っていると「正義の味方」を目指していたあの頃を思い出す良い歌詞です。


 アンコール、ありがとうございました。ここでやはり、一番最初に作ったCDからお届けしたかったので
「灼鋼のプライド」の旧アレンジバージョンをお届け。
 一緒に「バニッシュブレイカー!!」を叫んでくれた皆様。ありがとう!!

 ラストは会場に来てくれたみんなで歌いたかった「はるかなみらい」。恥ずかしくて一緒に歌えなかった方もいらっしゃると思いますけど、最後まで一緒にライブを盛り上げてくれて、ありがとうございました。

 今回のライブを開催するにあたり、メンバー、ゲストの皆さん、会場のスタッフさんをはじめ多くの方々に支えていただきました。心から感謝いたします。また、こんなにもマニアックなテーマのライブであるにも関わらず会場に集まってくださった、100人以上のお客様。本当にありがとうございました。今後も一人でも多くの人に、少しでも「楽しかったな」と感じていただけるようなライブを企画していきたいと思います。
 どうかまた、同じ時間を共に過ごしましょう!!

 そして長いレポートを最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

Reported by 勇気

コメントの投稿

非公開コメント

管理用リンク
こちらもよろしく!

CD、グッズの購入はこちら

オンラインショップ

WEBラジオ

この番組は終了致しました。視聴して下さった皆様、ありがとうございました。

V.S UNION公式Twitter
メルマガ
V.S UNION通信
規約に同意して登録  
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
最新記事
カテゴリ
コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。